読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりギター オンライン

社会人になってギターを始める人に向けて、色々ぬるく教えます

チョーキングがうまくなるためのポイント4つ

f:id:yoshikawa0703:20170201155857j:plain

 

チョーキング、うまくできますか?ただ弦を上げるだけですが、それだとなんだか上手くいきません。いくつか抑えるべきポイントを挙げてみるので、試してみてください。

 

 

ポイント①どの指でチョーキングするかで使う指が分かれます

人差し指だけでやる場合 ⇒ 人差し指だけでよいしょする

中指でやる場合 ⇒ 人差し指と中指でよいしょする

薬指でやる場合 ⇒ 人指し指、中指、薬指でよいしょする

 

【Q:どの指でチョーキングしたらいいの?】

A:違和感なく次のフレーズに移れるならそれでオッケーです。あとだいたいパターンが決まってます。ただ使用頻度多いのは圧倒的に薬指です。まずは薬指でのチョーキングから習得しましょう。

 

 

ポイント②「チョーキングは手首でやるべし」の真実

ギター始めたばかりだとよく勘違いしがちですが、

手首でやる ⇒ 指の力は使わなくていい

ということではありません。

弦を上げるときの反発に負けないように、しっかり弦を押さえましょう。

 

チョーキングの工程を分解するとこんな感じです】

①親指をネックにひっかける(ロックフォームといいます。色々試してフィット感ある握り方を試してみましょう)

②「ポイント①」を参考に、弦をしっかり押さえる

③指をおさえる力はそのまま、手首をひねって弦を持ち上げる

④指をちょっと伸ばしてさらに弦を持ち上げる

必要な音程まで音を持ち上げます。

 

ポイント③手のひらはネックにくっつけない

左手のひらをネックにピタッとくっつけてしまうと、弦を上げるときの余裕がなくなります。だから弦をおさえるときは、左手のひらとネック下部分に、ある程度の空間を作りましょう。音が上がり切らない原因はだいたいこのへんにあります。超重要。 

 

ポイント④チョーキング音程の確認方法

音程が合ってるかどうかの確認方法を、色々なチョーキングの種類とともに見ていきましょう。

 

【前提のちしき】

ギターの音程は、1フレット上がるごとに半音上がる仕組みになってます。

例:ド ⇒ド♯

2フレットで1音分です。

例:ド⇒レ

これを利用します。

 

ふつうのチョーキング ⇒ 2フレット上の音と一致すればOK。楽譜では「C」と書いてあります。

例:1弦12フレット ⇒ 14フレットの音と同じになる

 

半音チョーキング ⇒ 1フレット上の音と一致すればOK。楽譜では「H.C」と書いてあります。
例:1弦12フレット ⇒ 13フレットの音と同じになる

 

【利用頻度は少ないその他のチョーキング

1音半チョーキング ⇒ 3フレット上の音と一致すればOK。楽譜では「1H.C」と書いてあります。ハードロックとかヘビメタで使われます。

例:1弦12フレット ⇒ 15フレットの音と同じになる

 

クォーターチョーキング⇒半音もいかないくらい、ちょっとだけあげます。楽譜では「Q.C」と書いてあります。ブルースで使われます。なんかアンニュイな雰囲気になります。

例:1弦12フレット ⇒ 11フレットもいかないくらい

 

 

 まとめ

チョーキング、ちゃんとやろうと思うと色んなポイントがあります。今回紹介した内容をまとめるとこんな感じです。

 

チョーキングに使う指によって、支えに使う指の本数も異なる

②手首+指でチョーキング。指はちょっと力むくらいならオッケー

③左手のひらとネックしたらへんはぴったりくっつけないこと

④ギターの構造を利用して、音程を確認しましょう

 

これらをおさえたうえで「実際にギターを弾いて、自分なりにしっくりくるポイントを見つけること」が重要です。自分の好きな曲をしっかり聞いて色々マネしてみてください。

あなたがサンタナばりの泣きのチョーキングテクニックを習得できる日が来ることを楽しみにしています!

f:id:yoshikawa0703:20170201142310j:plain

 

カルロス・サンタナ「哀愁のヨーロッパ」

「泣きのギターってよく聞くけど、どういうこと?」と思ったかたはこの曲を聞いてみてください。とてもいい曲ですが、バラエティなどで使われ過ぎてしまい出落ち感がすごいです。

聴きどころ:最初の1フレーズ

www.youtube.com