読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりギター オンライン

社会人になってギターを始める人に向けて、色々ぬるく教えます

偉人ギタリスト紹介 ~エリック・クラプトン~

 

ギターを弾くひとなら是非おさえてほしいひとですが、こういうと返ってくる反応はだいたいこんな感じです。「曲が古臭い」「あー、CMの(興味はない)」「洋楽はちょっと・・・」そんな人に向けた、エリック・クラプトンの聴きどころをレクチャーします。

 

エリック・クラプトン

Eric Clapton 01May2015.jpg

 

エリック・クラプトン - Wikipedia

 

おんとし71歳。そろそろいい年齢なので来日するときは毎回「次が最後の公演やぞ」と言われる。よく三大ギタリストの1人なんて言われます。

ブルース系が好きな人はだいたい好きなんじゃないでしょうか。弾き倒しまくるわりに指が遅く動いてるように見えるので「スローハンド」なんて呼ばれたりもしてます。

僕は好き度で言ったらふつうくらいです。

有名な曲:「tears in heaven」「change the world」「Layla」など。車とかコーヒーのCMが浮かぶと思います。

 

参考(ちょろっと聞くだけで十分です)

tear in heaven(00:15~ 歌いだし知らなければ知らないと思います)

youtu.be

 

change the world(01:46~ 缶コーヒーのBOSS)

youtu.be

 

今回は代表曲の1つ「レイラ」について解説します。

www.youtube.com

 

この曲は、友人の奥さんに向けたラブソングです。他人の嫁に対して「好きだー」と歌ってる訳ですね。

ロック調な前半と、歌なしバラードの後半に分かれています。前半は友人奥さんとの激しい情事、後半のバラードは事後の愛情表現だと言われています。

 

聴きどころ

ギター始めたての人 ⇒ イントロ

ギター中級者 ⇒ ギターソロ

玄人 ⇒ 後半のバラード(3:14~ なんと曲の半数以上の時間を占めます)

 

イントロ聴けばたいていの人は「あー」となると思います。洋楽興味ない人でもそんな反応するってことはそんだけ有名なんですね。

ちなみにギターでなんか弾いてよ、って言われて得意げにこれを弾いても同じ反応をされます。

 

ギタリスト的おすすめ理由

この曲はギターの上達度合いに分かれて色々な弾き方を習得できます。

ビギナー ⇒ イントロ:リズムに合わせた伴奏の練習、メロディフレーズによるチョーキング、よく出てくる形のソロの基本、ハンマリング、プリング、などの基本テクニック

中級者 ⇒ それっぽい感じのチョーキング、弾き語り

上級者 ⇒ アドリブフレーズの参考

 

この曲の面白いのはギターがうまくなるにつれて色んな聴き方ができるようになっていくわけですね。

 

実は自分も最初は古臭い洋楽ロック曲は苦手でした。最近になって思うのはこんな感じでそのギタリストの人となりとかを知ったり、ライブ映像なんかを見るといい感じになれていくなーということです。

という訳で最後にライブ曲を貼っておきます。興味があれば見てください

www.youtube.com

曲の冒頭で、クラプトンがアルペジオのあと唐突に曲のイントロを弾き始めて、ベースの黒人おっちゃんが「おいおい、いきなり始めんのかよ」みたいな感じでよろけつつも笑顔なのが動画の見どころです。